雪止め 屋根点検を!

みなさんこんにちわ!
事務のチコちゃんです( ^ω^ )

今日は朝から雨ですね。
今の気温は5度?!
夜中には鎌ケ谷でもみぞれが降ったのでしょうか。

西の方は雪が積もったりしてるみたいで、
四国などは大雨だったようで、油断していると、
急に大雨なんてこともあるので、みなさんも気をつけないと。

暖かい地方の家では見かけない雪止め。
関東の方ではほとんど設置されていると思いますが、
雪止めという名の通り、屋根の雪の落下を防ぐものです。

 

 

 

 

 

新雪などは1立方メートルで約50kg〜500kgの重さがあると言われています。

でも、この関東地方で1立方メートルの雪はなかなか積もることがないので
ピンとこないかもしれませんね。

もしも!!!!

雪がこの関東でもたくさん降ってきたとしたら、
雪止めがあって防げる被害は、

・雨樋が変形する
・雨樋が破損する
・カーポートが破損する
・庭の樹木が折れる
・通行人や隣接する家屋の被害等

などたくさんの被害から守ることができます。

もしもに備えてご自宅の屋根をチェックすることが大切です。
屋根が古くなって、雪止めが曲がったり、外れたりしていないか。

屋根の上には登らないでくださいね。危ないのでm(_ _)m

もし、ご自宅の屋根が気になる方はお気軽にご相談ください。
お客様が気になると言うことはもうすでにだいぶ傷んでいる状況が多いです。
いつくるかわからない大雨に備えて早めに対策をするで、
被害を最小限に防げる場合がありますので。

 

 

 

 

事務のチコちゃんでした( ^ω^ )

コメントは受け付けていません。