鎌ケ谷市 冬の外壁屋根塗装

みなさんこんにちは!
事務のチコちゃんです( ^ω^ )

今日は1日ずっと寒そうですね。

明日からまた少し今日よりは暖かくなるようですが、
もう真冬に突入の準備が必要です。

関東はまだ暖かい方なのでまだいいのですが、
今日あたり最低気温が5度です。

この気温5度は、外壁・屋根塗装にも影響してくるので注意です。

屋根だけでなく外壁への塗装工事には、
施工ができない条件があります。

 

 

 

 

 

 

それが下記の2つです。

■気温が5度以下の場合
■湿度が85%以上の場合

これらの条件はほとんどの塗料の注意書きに記載されており、
国土交通省の仕様書にも記載されています。

上の条件が当てはまるときに塗装をした場合、
十分な乾燥ができず、そのため塗料が剥がれやすくなったり
持ちが悪くなってしまうリスクが高まるのです。

塗装できないこともないですが、
あまりおすすめしておりません。

ちなみに気温が0度以下の場合
特に水性の塗料などは乾燥する前に凍ってしまいます。

きちんと塗膜の硬化がなされないので、
いずれ剥がれの原因となってしまいます。
そんな冬の季節。
雨や気温の状況により施工スケジュールが変わることが
多くなってきます。

ゆとりを持った施工計画で、
きちんと施工することが
住まいを長持ちさせるコツでもありますね。

事務のチコちゃんでした♪

コメントは受け付けていません。